お役立ち情報

FAQ よくあるご質問

エコノミースタンプ、スタンダードメタルスタンプ、プレミアムスタンプの違いはなんですか?

エコノミースタンプは、メタルスタンプを気軽に始めるのに最適なお求めやすい価格となっております。但し、スタンプ側面の、文字・模様の銘記が省略されております。また、エコノミースタンプはサビ防止のオイルでコーティングされております。使用するにあたっては、乾いた布などで綺麗に拭き取ってください。拭き取ったのちは水分に触れないようにご注意ください。エコノミースタンプは、銅、真鍮、アルミニウム、アルケメ、スズなどの比較的柔らかめの金属への刻印に適しております。

スタンダードメタルスタンプは、サビ防止のためのメッキ加工があらかじめほどこされているため、使用にあたってオイルを拭き取る必要はございません。また、スタンプの側面に、文字・デザインが刻まれているため、識別が容易になっております。エコノミースタンプと比較すると、文字・模様ともに、デザインのバリエーションが豊富なのも特徴です。レタースタンプは、フォント毎に専用のケースに入っておりますので、スタンプの整理もしやすくなっております。スタンダードスタンプは、銅、真鍮、洋白、アルミニウム、アルケメ、スズ、シルバー、ゴールドなどの比較的柔らかめの金属への刻印に適しております。

プレミアムスタンプは、ステンレスなどのより硬い素材に刻印するために、特別に製造されたスタンプになります。プレミアムスタンプも、フォント毎に専用のケースに入っております。

メタルスタンプは、どのような金属・素材に対して使用することができますか?

ImpressArtのメタルスタンプは、真鍮、銅、洋白、スズ、アルケメ、アルミニウム、ゴールド、シルバーなどの柔らかい金属に対して使用することができます。また、ポリマークレイ、純銀粘土などの貴金属粘土やレザーにも使用できます。

ステンレスなどのより硬い素材に対しては、プレミアムスタンプを使用してください。ステンレスなどの硬い素材に対してエコノミースタンプやスタンダードスタンプを利用すると、摩耗の原因となりますのでご注意ください。

メタルスタンプはステンレススチールに使用することはできますか?

「プレミアムスタンプ」のみ、ステンレススチールの刻印に使用することができます。エコノミースタンプやスタンダードスタンプをステンレススチールの刻印に使用すると、ヘッド部分が摩耗して平らになりますのでご注意ください。

メタルスタンプは初めてなのですが、最初は、どの金属をつかうのがよいでしょうか?

まずは、比較的柔らかい金属で試してみることをお勧めしております。ImpressArtで展開しているスタンピングブランクの素材のなかでは、アルミニウム、スズ、アルケメが比較的柔らかい素材となります。

メタルスタンプのサイズ表記は何をあらわしているのですか?

3mm、4mm、6mmといったメタルスタンプのサイズは、刻印される文字や模様の高さを表しています。スタンプ自体のサイズではないのでご注意ください。レタースタンプの場合は、アルファベットや数字によって若干高さは異なるため、平均的なサイズを表記しています。また、刻印する素材の種類やハンマーを打ち込む力加減によっても、最終的に刻印されるサイズに若干の誤差は生じますのでご了承ください。

家庭にある一般的なハンマーでもメタルスタンプは可能ですか?

はい。一般的な鉄製のハンマーでもメタルスタンプをすることは可能です。ただい、鉄製のハンマーは硬いためスタンプを叩いた瞬間の反動が強く、しばしば「二度叩き」をするリスクがありますのでご注意ください。一方、ImpressArtの専用ハンマーは、ヘッド部分が真鍮製で柔らかいため「二度叩き」のリスクを軽減することができ、衝撃をダイレクトにブランクに伝えることが可能なため、最適なパフォーマンスを上げることができます。

刻印した文字や模様を目立たせるためにはどうしたらいいですか?

刻印した文字や模様に色付けする方法はいくつかあります。最も簡単な方法は油性マーカーで色を付けたい文字や模様の部分を塗ったあとで、余分なインクを、乾いた布やペーパータオルで拭き取る方法です。油性マーカー以外にも、アクリル塗料やエナメル塗料でも可能です。また、真鍮や銅は、リバーオブサルファ-を使用して金属を酸化させることによって、古美効果を出して文字や模様部分を強調することも可能です。

ページトップへ